中古着物には役立つ方法がたくさん!

丈夫な着物生地でリメイクバッグを作ろう!

着物の生地はデザインも素敵な上に丈夫なので、バッグなどを作るのにも適しています。着なくなった着物は捨てるのは勿体ない!ちょっとリメイクして、おしゃれなバッグを作ってみましょう。
あまり裁縫をしないという人でも、リメイクであれば簡単です。例えば無地の帆布やワッフル生地のトートバッグに、着物の生地でポケットやアップリケを縫い付けるだけでも、個性豊かな素敵なかばんが出来上がります。
手芸に慣れているのであれば、リネンや帆布生地と着物生地を組み合わせて、パッチワーク風のバッグに挑戦してみましょう。
着物生地は、柄を活かすことが上手く作るポイントです。生地をカットする際に、柄が真ん中に来るようにすると良いですね。
世界にひとつだけの着物リメイクバッグで、あなたもおしゃれ上級者になれますよ!

縫わなくても簡単に作れる和風収納ボックス

中古の着物で、おしゃれな和柄の収納ボックスを作ってみましょう。
部屋を片付けるためには、収納ケースはいくらあっても助かるものです。着物生地を活かしたボックスであれば部屋のインテリアにもなって尚良しです。
作り方も簡単!縫う必要もなく、ペタペタ貼るだけで出来上がります。
まずお菓子の詰め合わせなどが入っていた空箱を用意し、カットした着物生地をボンドで箱に貼りつけていきます。
一面同じ生地でも良いですし、いくつかの柄を組み合わせても可愛いです。着物以外のナチュラルな生地と交互に貼るのも、おしゃれに出来上がります。
さらに箱の縁にレースを飾ったり、ボタンをアクセントに付けたりと、アイデア次第でどんどん素敵に仕上がります。蓋にタッセルなどを付けてみても良いですね!